☆テーブルウェア・フェスティバル2018^^⑰☆彡



テーブルウェア・フェスティバルの楽しみは

日本の有名な陶磁器ブランドやヨーロッパなどの一流ブランドの

洗練された代表作の器やその年の新作が見られること^^

そして各ブランドのプロによるテーブルセッティングの完成された美しさを

鑑賞出来る事ですね。



そしてもう一つの楽しみは

一般の方の応募作品であるテーブルウェア大賞の展示を見る事です。

人気のテーブルウェア・コーディネート部門には今回2000余りの応募があり

一次審査を通った56作品が会場に展示されていました。



今日もそのテーブルウェア大賞のテーブルウェア・コーディネート部門から...

初夏から秋までのテーブルコーディネートを集めてみました^^





「夏のDeli Lunch」

画像








「大暑の候~暑さを乗り切るモダン萩焼ビュッフェ~」

画像








「星降る夜の七夕祭」

画像










画像








「波音に思いを寄せて」

画像









「菊の香りに乾杯!」

画像








「夏越えの祓~涼やかに水無月と伝統文化を楽しむ~」

画像








「千の夜をこえて」

画像








「金魚祭りの夜に」

画像








「母の日に感謝を込めて」

画像








「孫からの手紙」

画像








「朱を楽しむ重陽の節句」

画像




この最後の写真の作品をコーディネートされた方は北海道の方で

ブログに応募から作品展示までの事を詳しく書かれていらっしゃいましたので

読ませて頂きました^^


応募はまず書類と写真を提出し

書類審査で一次審査通過者を決めるようです^^

冒頭に書きましたように今年は2000人余りの応募があり

56人が一次審査を突破しドームでの作品を展示することになったようです^^

その展示作品の中から審査員が大賞・都知事賞・大臣賞や各入賞者を選ぶのですね。

この方は佳作を受賞^^

北海道から上京し一日で作品を仕上げるのは大変みたいです!

展示するためのテーブルは主催者が貸し出すそうですが

その他は全て自分で用意しなければならず本当に大変そうです^^;

自分の作品を展示する決められたブースがあり

壁紙や床の素材まで自分で用意しデザインするそうです。

材料を搬入するためのトラックは主催者が用意してくれるそうです。

テーブルクロスなども自分で作ったものをみなさん使うそうです!!

肝心の器なども余分に用意しておかないと作業中に割ったりして

大変だそう^^;



いつも手軽にカメラで写真を撮らせてもらっていますが

みなさん大変な思いをして作品を展示していらっしゃるんですね~~

来年も行く機会があったら

そう言う事も頭の隅に置いて見させていただきたいなと思いました。




初夏から秋のテーブルコーディネート^^

お気に入りはありましたでしょうか?




posted by peko at 14:58Comment(6)TrackBack(0)
今日もお付き合い頂き有難うございました。いつもコメントを有難うございます。
Instagram


応援☆のクリックを頂きありがとうございます。
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事へのコメント

  • 信徳

    2,000人の中から一次審査56件、ここに掲示されたもの12件は
    その中から選ばれたものなんですね。
    どれも素敵で何とも言えません、素晴らしい!拍手!!
    2018年03月21日 17:39
  • おみっつぁん

    こんにちは。

    2000人の中からってすごいですね。
    準備の様子をお聞きするとかなり大変。
    こんなに大がかりな事なんですね。

    Pekoちゃんも応募されたらいいのになんて簡単に言えませんね(^▽^;)
    でもやってみてほしいです( *´艸`)


    2018年03月21日 18:13
  • イッシー

    洗練されたセンスが結集しているわけですね!すばらしいな~。
    みなさん苦労されているのでしょうが写真を撮るときのセッティングとかにも応用できそうですね。センスを磨くためにじっくり見てくるのはいいことだと思います。来年は行こうかな~。(毎年同じようなこといってます)
    2018年03月21日 19:24
  • かるきち

    そんな苦労があるのですね!いつも出来上がった作品しか見ていないので、展示する側の苦労は知りませんでしたが、そういった話を聞くともっとじっくり見ておけばよかったなって思います。素晴らしいお写真とお話しありがとうございました。応援です。
    2018年03月21日 22:07
  • 宮星

    表題からセッティング主旨が分かる物と、歳時記などに疎い当方の無知でよく分からないモノがあります。
    テーブルセッティングの解釈は難しいですぅ!!
    こういうものを見に行くときは、私の場合は事前勉強が必要かも知れません。
    2018年03月21日 23:17
  • はぴ

    こんばんは
    どの作品も素敵ですね~。
    テーマを決めるとこから 隅々まで自分で
    コーディネート 展示ってほんといろんなご苦労が
    あるんですね。
    2000もの応募があるのも驚きました。
    その中で受賞される喜びは絶大でしょうね。
    2018年03月22日 01:12

この記事へのトラックバック