ぺこちゃんのフォトダイアリー^^*

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆オーストリアの旅^^ウィーン編その13☆

<<   作成日時 : 2016/09/30 18:02   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 9


王宮庭園からシュテファン大聖堂を目指して歩きました。。



馬車が並んでいる石畳の道^^

中世の映画でも見ているよう(^_-)-☆


画像









ここが800年以上の歴史を誇ると言うシュテファン大聖堂のようです^^

画像







12世紀半ばにロマネスク様式の教会として建築され

14世紀にハプスブルク家のルドルフ4世によってゴシック様式の大教会に建て替えられたそう。。


画像








ウィーンのシンボルと言われる大聖堂だけあって

観光客であふれている。

画像








モザイク模様が特徴の屋根^^

画像








一部工事中ですが覆いのシートには寺院の模様が印刷されてるように見えました^^;

たくさんの宮殿や寺院など歴史ある建物を見て来ましたが

ほとんどが一部工事中でした。

美しいまま保存されているのはやはり日々の修復作業あっての事なのだと思いました。

画像








シュテファン大聖堂...

地下にはハプスブルク家歴代皇帝の内臓を納めた納骨堂があるそう。。

モーツァルトの葬儀もここで行われたと言う。


画像









Instagram

今日もお付き合い頂き有難うございました。


いつも気持ち玉・コメントを有難うございます。


↓応援☆のクリックを頂きありがとうございます。


にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村

↓「このブログに投票」もクリックして頂き感謝致しております^^☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
pekoさん、こんにちは。

細部までこだわった大聖堂、それを維持するのも大変ですよね。
何百年もの間、ず〜っと繰り返し修復をしてきたからこそ、今の私たちが美しいまま楽しめているのかと思うと
歴史的建造物て、本当にすごいな〜と、当たり前だけれども、しみじみ感じます。

馬車しか写っていないと、本当に中世に戻ったかの様な写真になりますね(^^)
ペコさんのセンスが、見る人を錯覚させてくれます〜⭐︎
マダム愛
2016/09/30 18:55
こんばんは。
素晴らしいですねぇ。こういうのを見るとドキドキしてしまいます。私も実物を見てみたいものです。中は見ることが出来ないのでしょうか?。きっと素晴らしいものなのでしょうね。正面から撮られた写真じ〜っと見ていましたら、左右対称になっているのかなって思っていたら微妙に違っているのですねぇ。
工事は仕方ないでしょうね。でもこうして昔の物を大切に後世に残そうとされていることは嬉しいことですよね。
HT
2016/09/30 20:36
うわぁ…
今日のお写真はまたすごいですね
特に2枚目のお写真
少し身震いするような感覚を覚えました
そして工事中であっても覆いのシートがこの様になっていると
景観も損なわれないし良いですね
日本もこういうことしてくれたらなぁ…と思います
愛紗
URL
2016/09/30 20:42
素晴らしいですね。
歴史の重みを感じます。
応援!
くー
2016/09/30 20:42
石畳に大聖堂、そして馬車と。現代の服装でなければ中世と言ってもおかしくない風景ですね。とても美しくて素敵です。工事中も景観を損なわないようなシート、素敵ですね。青空もとても綺麗ですね。素晴らしいお写真ありがとうございました。応援です。
かるきち
2016/09/30 22:12
観光客が写ってなければ中世の街に
タイムスリップしてきたようですね!
2枚目が特に印象的です。
重厚感のある荘厳な建物 美しく素晴らしいですねぇ。
はぴ
2016/09/30 22:38
大聖堂と言われるだけあって、壮大で、荘厳ですね。私は、最初の海外の時、大聖堂、この地域でこのような教会は他にありますが、と尋ねて笑われたことがあります。大聖堂は一つしかないことを知りました。
茜雲
2016/10/01 08:26
迫力ある建物ですね!
色が変わっているところも貫禄充分。
何か昔にタイムスリップしそうです。
夜歩いてたら甲冑の騎士が出てきそう。
イッシー
2016/10/01 18:02
<シュテファン大聖堂>一部の壁面が黒ずんでいるのは、戦火の名残でしょうか?
おぉ!一部は工事中ですか!
<日々の修復作業>がないとやはり維持は難しいんですね!
日光東照宮と同じですね!
宮星
2016/10/01 19:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆オーストリアの旅^^ウィーン編その13☆ ぺこちゃんのフォトダイアリー^^*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる