ぺこちゃんのフォトダイアリー^^*

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆オーストリアの旅^^ウィーン編その10☆彡

<<   作成日時 : 2016/09/27 20:56   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 12




ミヒャエル門をくぐる前に馬車の写真を^^

お馬さんたちが可愛いなぁ〜...

画像



でも一日中馬車を引いたり大人しく待機してたり...

可哀想かな〜。。





馬車がとっても似合うウィーンの旧市街なのに...

この写真の奥に見える建物に違和感を覚えました〜。。

この素敵な街に似合わないと感じました。

それもそのはずガイドブックに載るほど有名な建物でした^^;

ロースハウスと言ってアドルフ・ロースが建てた徹底的に装飾を排除した建物でした。

ロースは時代が求めた装飾性を否定し簡素さに普遍的な美を追求したのだそうですが

あまりに簡素で王宮の華麗な建物とつり合わないとする大論争が起こったそう。。

ミヒャエル門の目の前に建っているので私もこれはちょっと不釣り合いな建物だと感じました^^;


画像



この建物、1910年ウィーン市は工事差し止めを命じたそうですが

窓にフラワーボックスを付けることで和解したと言う^^;

でもフランツ・ヨーゼフ皇帝の不評を買い醜い建物は王宮の門前に相応しくないと

ミヒャエル門を利用しなくなったとか^^;

いろいろ逸話があるのですがこの辺にしときますね^^





ミヒャエラー広場に面してあるミヒャエラー教会^^

画像









白い馬車が素敵(^_-)-☆

画像









そしてここがミヒャエラー門をくぐった所です。

旧王宮に囲まれた中庭になっています^^

歴代皇帝の居城だったところで現在は皇帝の住居・シシィ博物館として公開されています。

中庭にはオープンカフェも^^

画像








中庭を抜けて門をくぐると広い広場に出ました!

ヘンデル(英雄)広場です^^


画像







正面右手の建物が旧王宮のレオポルト翼^^


画像








そしてこの威風堂々としたネオ・バロック様式の建物が新王宮!!

ハプスブルク家最後の王宮。。

帝国の権威を象徴するような建物ですが現在は国立図書館の閲覧室といくつかの博物館となっており

観光のメインは新王宮ではなくて旧王宮だそうです^^;

画像









新王宮前のオイゲン公騎馬像^^

画像









反対側にはカール大公騎馬像^^

とても広い広場になっています。

画像








こんなところにセグウェイに乗った人たちが^^

画像








でもやっぱりここには馬車が似合ってますね(^_-)-☆


画像











Instagram

今日もお付き合い頂き有難うございました。


いつも気持ち玉・コメントを有難うございます。


↓応援☆のクリックを頂きありがとうございます。


にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村

↓「このブログに投票」もクリックして頂き感謝致しております^^☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お写真を拝見していると
本当に天候に恵まれた旅だったというのが伝わってきます
太陽の光をたっぷり受けた木々もきらきらと濃く輝いていて
とってもきれいですね(*^▽^*)
愛紗
URL
2016/09/27 21:11
こんばんは。

白い馬車が本当に良く似合いますね。
ウィーン市内は二日ほど観光しましたが時間が足りませんでした。
オペラ座のガイドツアーに時間を取られてしまい、シシィ博物館では駆け足になって残念すぎました(T_T)
もう一度ゆっくり行ってみたいです。



おみっつぁん
URL
2016/09/27 21:55
青空に白い雲。このお天気が建物をますます美しく見せてくれていますね。すてきですね〜〜!門を入った場所、建物の美しさが際立っています。セグウェイは現代の乗馬のようなものでしょうか。^^応援です。
かるきち
2016/09/27 22:21
<アドルフ・ロースが建てた徹底的に装飾を排除した建物>といわれても、それでも素敵なデザインだとは思いますが・・・
他の建物があまりにも装飾が凄いので、相対的な問題なのでしょうね。
セグウェイには乗っても、スマホやっている観光客がいないのがいいですね!
宮星
2016/09/27 23:30
白い馬の白い馬車、美しい街並みに本当に似合いますね〜
セグウェイも乗ってみたいけど・・・(笑)
でも、ここで乗るならやっぱり馬車でしょうね(^-^)
新王宮も、やっぱり素晴らしい〜!
応援です☆
マク
URL
2016/09/27 23:32
pekoさん こんばんは ^^
ご無沙汰していてすみません ><”
オーストリアの旅 皆さん堪能されてるでしょうね〜♪
お写真を拝見してると 日本のあくせくした時間とは全然違って
ホントに景色も訪れる人たちもゆったりとしてていいですね
皆さん とっても楽しそう pekoさんもた〜くさんのステキな思い出ができましたね
ひろまま
URL
2016/09/28 00:51
ウィーンも美しい街ですね!
王宮の素晴らしい眺め 馬車が似合って素敵ですね。
青空と白い雲もいい表情で素敵な景色になってますね〜。
セグウェイ こういうとこでもあるんですね。
はぴ
2016/09/28 01:45
おとなしそうなお馬さんですね!
そうか、向こうでは景観にそぐわないと中止命令がでちゃうんですね。
日本だと個人のほうが強く何でもありですものね。
イッシー
2016/09/28 07:25
おはようございます。
この不釣合いの建物、そう云った経緯は全く知りませんが確かに周囲の建物と雰囲気が大きく違って似合いませんよね。どちらかと言うと現代の建物に感じが近いですよね。
その他の建物は何度見せていただいてもため息が出るくらい素敵ですよね。作られたころとあまり変わっていないでしょうし、手入れも行き届いていてとても綺麗ですよね。オープンカフェのある建物素晴らしいですよねぇ。
あっ、セグウェイと云うのですかこれ、私の所の長男君が帰郷する時持ってきています…。
HT
2016/09/28 09:36
どれも素敵な写真ですね。
楽しませて頂きました。
応援!
くー
2016/09/28 11:26
こんにちは。
前記事もそうですけど、ホントに馬車が似合う街並みですね。
その時代に戻って映画のワンシーンのようです。
ウィーン国立歌劇場の建物もすばらしいですね。
重厚でクラシックの国ならではの伝統と歴史を感じます。
ノア
2016/09/28 16:46
今晩は☆彡

ご無沙汰しました。
青い空と新王宮そして旧王宮のコラボがとっても綺麗ですね〜
お馬さんまでもがお上品で草原で走るお馬さんとはさすが違います^^
観光客もそれほど多くなくてゆっくりご覧になれたんですね
マユさん
2016/09/28 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆オーストリアの旅^^ウィーン編その10☆彡 ぺこちゃんのフォトダイアリー^^*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる